個人で商売をはじめるにあたって大切な概念

こんにちわ

 

当サイトへご訪問ありがとうございます。

 

今回は個人でビジネスの仕組みをつくるにあたっての、

重要な概念をお話します。

 

この概念をベースに置いておくのと置かないのとで、

あなたの稼ぐことができる収入が、

何倍も何十倍も変わってくると思います。

 

収入だけでなく、得られる自由な時間や精神的自由も

大幅に変わってくることでしょう。

 

まず、下の図をご覧ください。

 

$キャッシュフロークワドラント

 

・・・ご存知の方も多いかと思いますが、

これはキャッシュフロー・クワドラントと言って、

ロバート・キヨサキの著書「金持ち父さん貧乏父さん」

に出てくる概念です。

 

私は決してキヨサキの著書の内容の全てを

盲信しているわけではありませんが、

 

このキャッシュフロー・クワドラントの図式については、

どんな方でも頭に入れておいて損は無いでしょう。

 

E、S、B、I、のアルファベットは、

4タイプのの収入の得方をあらわしています。

 

世の中にある職業は、この4タイプのいずれかに属します。

 

E…従業員(Employee)

S…自営業者(Self-empioyee)

B…ビジネスオーナー(Business owner)

I…投資家(Invester)

 

まず、E(従業員)とは、サラリーマンや公務員、アルバイトなど、

会社など雇用主から、労働の対価として給料を得る形態で、

最も多くの人が、ここに属します。

 

次に、S(自営業者)とは、

個人商店主や、開業医、開業弁護士など、

個人でお金を稼ぐ場を作り出している形態です。

 

このEとSの2つの形態は、多くの人がお金を稼ぐモデルとして

まず最初にイメージするものだと思います。

 

このEとSは、自分が働いた時間、または労力に対して

対価として収入を得るという共通点があり、

左側のクワドラントという呼ばれ方をします。I

 

一方、反対側の右側のクワドラント 
B(ビジネスオーナー)とI(投資家)は、EやSとは、

全く異なる収入の得方になります。

 

まず、B(ビジネスオーナー)についてですが、

これは収益を生み出す「アイデア(著作物)」や「資産」などの

仕組みを持っているという形態です。

 

具体的には、

家賃収入を得る地主や、株式配当を得るオーナー

といったものですね。

 

著作権収入で言えば、

例えば漫画家は原稿料はSとしての収入になりますが、

単行本が売れたときの印税や、キャラクターグッズ などの収益は

Bとしての収入になります。

 

つまり、本人が常に張り付いて働かなくても、

収入が入ってくる「仕組み」を持っているわけですね。

 

次に、ここで言うI(投資家)とは、

 

お金を働かせてお金を生み出すような投資家で、

ギャンブラーや、

1日中パソコンの前に張り付いているデイトレーダーとは、

異なるものです。

 

4つのタイプのうち、どのクラドラントが、正しい、間違っている

ということではありませんし、いずれのモデルでも成功者となることは出来ます。

 

しかし、ロバート・キヨサキの著書では、

右側のクワドラントの収入の得方へ移行することにより、

経済的自由・時間的自由・精神的自由を得ることができる、

と述べており、

 

私自身も、個人でビジネスをするのであれば、

左側のS(自営業者)でなく、右側のB(ビジネスオーナー)のモデルの構築を

意識をすることが大切だと考えます。

 

さて、このSとBについてもう少し掘り下げてお話していきますが、

この2つのモデルというのは、特にスモールビジネスの場合は、

混合しやすいと思います。

 

小規模の場合、どちらも「個人事業主」の登録だとしても、

Sの収入の得方の場合も、Bの収入の得方もありえるのです。

 

ここで言うB(ビジネスオーナー)というのは、

先ほど述べた地主や会社のオーナーといった

大規模なものだけでなく、小規模なものも含まれます。

 

例えば、

月30万円程度であっても、収益を発生させる「仕組み」

を持っていれば、Bと言えるでしょう。

 

そして、インターネットビジネスにおいても、

あなたの選択次第で、SにもBにもなってしまうのです。

 

例えば、個人が行う代表的なインターネットビジネスで、

下記のようなものがありますが・・・

 

・オークション・輸入転売

・せどり

・情報販売

・アフィリエイト

 

上記の4つのモデルは、いずれも人を雇ったりして

完全に自分の手から離れれば、Bとなり得ますが、

 

ここでは、あなた1人でビジネスをすると仮定しましょう・・・。

 

そうなると、この4つのビジネスモデルのうち、

 

2つはS的な収入の得方、

 

2つはB的な収入の得方、になります。

 

・・・どのような分類になるかおわかりになるでしょうか?

 

・・・・。

 

答えは、

 

オークション・輸入転売やせどりはS的な収入の得方、

情報販売やアフィリエイトはB的な収入の得方、

と言えるでしょう。

 

オークション・海外転売やせどりは、

常に「仕入れ」という労働をしなければ、

売るものが無くなってしまいます。

 

また、商品の発送に関しても、

外注しない限り、自分で行う必要があります。

 

対して、情報販売やアフィリエイトは、

デジタルコンテンツであれば、

1つの商品は一度登録してしまえば、後はサイトやブログから、

お客様にダウンロードされ、勝手に売れていくわけです。

 

もちろん、メンテナンスや、文章を書く、

といった作業も時には必要ですが、

収益を生み出してくれる「資産」も持った、

極めてB的な収入の得方のビジネスモデルと言えます。

 

・本人が常に張り付いていないと

収入がストップしてしまうS的稼ぎ方、

 

・本人が張り付かないで、休んだとしても

安定的に収入が入るB的稼ぎ方、

 

「それじゃあ、後者のB的稼ぎ方を選ぶに決まってるじゃん。」

と、あなたは思うかもしれませんが、

 

実は情報販売やアフィリエイトのようなB的稼ぎ方には、

多くの人が投げ出してしまう欠点があります。

 

それは、

 

ビジネスをはじめたばかりで、

仕組みが出来上がっていない時は、

収益が少ない、またはゼロという状況がよくあり、

モチベーションを保ちにくいという点です。

 

例えば、下記の2つの仕事があるとします。

 

A:1日1個サイトをつくって1万円で業者に販売する
(1万円は即金で受け取ることができる)

 

B:1ヶ月に5000円稼げるサイトを1日1個つくる
(作成したサイトが収益が発生するのは30日後)

 

この仕事を、それぞれ30日間行なったとすると、

Aは初月から月収30万円ですが、

Bは初月は収入ゼロです。

 

B(ビジネスオーナー)の仕組みをつくっているのは

後者のBなのですが、

「タダ働きじゃあ、バイトしたほうがマシじゃん」と

モチベーションが下がってしまうのです。

 

しかし、これが3ヶ月後は、AとBそれぞれどうなっているでしょうか?

 

Aは変わらず月収30万円です。

 

Bはこの時点で、サイトは90個出来上がっており、

そのうち60個は1日5000円稼げるようになっています。

つまり、月収は5000円×60=30万円です。

 

さらに、6ヶ月後はどうなっているでしょうか・・・

 

Aは変わらず月収30万円です。

 

Bはこの時点で、サイトは180個出来上がっており、

そのうち150箇が1日5000円稼げるようになっており、

月収は、5000円×150=75万円です。

 

・・・いかがでしょうか?

 

S的稼ぎ方とB的稼ぎ方で、明らかな差が出ましたね。

 

しかも、Aは休んだ途端に収入がストップします。

対してBは1ヶ月休んでも収入は安定的に入ってくるわけです。

 

あなたが個人でビジネスをはじめるにあたって、

S的な稼ぎ方をするか、B的な稼ぎ方をするか、

これはとても重要なことです。

 

ということで、

 

まずあなたがインターネットビジネスまたは

その他の個人ビジネスをはじめるにあたって、

 

「これはS(自営業者)的稼ぎ方なんだろうか?

B(ビジネスオーナー)的稼ぎ方なんだろうか?」

 

ということを考えてみてください。

 

あなたのビジネスを構築する上での大事な指針になると思います。

 

今回のお話はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ